© 2016 鹿島自動車センター

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

ソーシャルメディア

June 28, 2018

ダイハツMOVE (LA100S)が入庫しました。

エンジンから「キー」音がするとのご用命です。

「キュルキュル」「シャラシャラ」音だと

ファンベルトの可能性大ですので

まずはファンベルトを点検しますが、今回は違うようです。        

次にウオーターポンプを疑います。

分解脱着してみたらやはりここでした。

手で回しただけで音が鳴ったりゴリゴリした

イヤな手ごたえがあります。

新品へ交換 (/・ω・)/

部品代・工賃込みで約¥26,000

 エンジンルーム端っこの狭いスペースに

手をねじ込んで難しい作業です。

整備士泣かせですね。

所要時間 2~3時間てと...

June 15, 2018

 自動車事故の痛ましいニュースが後を絶ちません。

とても残念なことです。

たいていは運転操作の誤りで最新の自動ブレーキさえあれば防げたものがほとんどです。

ヒヤッとした事のある人もない人も一度心静かに考えてみてください。

自動ブレーキは貴方のために開発された技術です。

クルマは高価なので簡単に買い替えとはいかないのもよく分かりますが、お金で買えないものを買える時代になったのです。

当店にとっても大事なあなたへの真面目なおススメです。

June 15, 2018

1995(平成7)年

当時 父・母・整備の先輩2名のところにサラリーマンを辞めた私が帰ってきました。最初はツナギを着て整備の修行からスタートです。

工具の名前もイチから教わりました。

仕事が終わってからも自分の車(フォルクスワーゲン)をいじってたぐらい楽しかった覚えがあります。

27歳だった私にとって、仕事よりもっと楽しかったのはテニスです。

仕事そっちのけで大会に行ったり仲間と遊んだりして文字通りのバカ息子でした。

でもそのおかげで今の奥さんと結婚も出来たのでよしとしましょう。

一人目の長男も授かったあたりでふと考えます。

「整備の仕事だけではこ...

June 15, 2018

さて、前回に続いて当店の歴史河谷編をお届けしたいと思います。

1967(昭和42)年

三番目の子として生まれます。

子どもの頃はテニス少年で高校の時にあの松岡修造とも対戦しました。

(写真の背が高くてシュッとした方が松岡修造・汗拭いてるのが追い込まれた河谷)

当然(?)負けましたが彼は私に勝ったことをきっかけに全国・世界へと羽ばたいていったわけです。

このネタが今でも飲み会で通用するのも、ひとえに彼の功績のおかげと感謝しています。

卒業してサラリーマンも経験しましたが、誰も店を継ぎそうになかったので「店をたたんでしまうのはさすがに寂しいな」と考え...

June 15, 2018

 今回から数回に分けて当店の歴史についてお話しします。

ご興味のある方は読んでみてください。

1937(昭和12)年 

盧溝橋事件の年に私の祖父 河谷久八(写真左から2人目)が市内高津原で「河谷モータース」を起こしました。

クルマ時代が始まる前のことで佐賀県下14番目の開業です。

まだ車を持ってる人の方が少ない時代だったので、先見の明というか新しもの好きというか

そういうじいちゃんだったようですね。

写ってる乗り物は「オート三輪」というやつですが、私も実物は見たことありません。

1967(昭和42)年

今の基礎になることがたくさん起きます。

私の父 久...

June 11, 2018

お店をやっているとどうしてもついて回るのが草むしり。

うちのように小さい店でもやり出すと結構大変です。

だいぶ格闘したのですが、なかなか終わらず

「疲れたなー、まだ終わってないけど今日はもうやめようかなー」とあきらめかけたその時

お隣のおばあさんが通りかかりました。

「あら、あなた草取りじょうずね。」

え?そうだったのか!自分には草取りの才能があったんだ。

初めて気づいたけど何かスゴイ!しかも嬉しい!

そしてその日のうちに全部終わらせることが出来ました。

おばあさんのおかげです。ありがとうございました。

Please reload

  • Facebook Basic Square
最新記事
タグから検索
特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload