鹿島自動車センターの歴史~創業編~


今回から数回に分けて当店の歴史についてお話しします。

ご興味のある方は読んでみてください。

1937(昭和12)年 

盧溝橋事件の年に私の祖父 河谷久八(写真左から2人目)が市内高津原で「河谷モータース」を起こしました。

クルマ時代が始まる前のことで佐賀県下14番目の開業です。

まだ車を持ってる人の方が少ない時代だったので、先見の明というか新しもの好きというか

そういうじいちゃんだったようですね。

写ってる乗り物は「オート三輪」というやつですが、私も実物は見たことありません。

1967(昭和42)年

今の基礎になることがたくさん起きます。

私の父 久人(写真中央の学帽かぶった子)が二代目社長になると同時に今の北鹿島に移転します。

目の前の国道もジャリ道だったそうですが、写真の工場建屋は今もそのまま使っています。

なんと物持ちの良い会社でしょう。

会社名も「鹿島自動車センター」に変えて個人事業から有限会社へ法人化。

そして今の工場長中山が17歳で入社してくれました。

今も現役です!

世の中ではカラーTVの放送が始まった年でもありました。

しばらく経って1995(平成7)年 

阪神大震災の年に私河谷雄二がサラリーマンを辞めて帰ってきます。

あれから22年も経つのかーと武田鉄矢のような気持になります。

自分のことをバラすのはちょっと恥ずかしいですが、そのへんのいきさつは次号でお話ししましょう。

しばらくお待ちください。

最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア

© 2016 鹿島自動車センター