中山工場長の52年間 ~月々1万円の鹿島自動車センター~


急で残念なお知らせですが、皆様に永くお引き立ていただいた工場長の中山が昨年末をもって当店を退職することとなりました。

1967(S42)年4月に当店に入社。

私の生まれ年と同じなので、物心ついた時にはもう工場で働いてくれていました。

兄さん(兼おじさん)のようでした。

私がうちで働くようになってからは先輩です。

工具の名前や 使い方から教えてもらいました。

いつもニコニコして決して怒らない人でした。

私が社長になってからも工場長を長く努めてくれました。

グチや文句は一度もなく、暑い日も寒い日も二日酔いの日も絶対にサボりませんでした。

言葉は上手ではありませんでしたが、中山さんにしか頼まないというお客さんがたくさんいました。

お酒もよく一緒に飲みました。

ヤケドするくらいの熱燗が好きでした。

あまり身体は丈夫でなかったので入院は何度もありました。

そのたびに必ず元気に復活していたのですが、69才の誕生日を目前にして体力の限界が来たようです。

うちの工場にはまだまだ必要だったのですが、これまでにも何度も引き留めた上でのことなので、これからは家族とゆっくり過ごしてもらうことになりました。

当面、工場は市瀬が一人で踏ん張りますが、やはり限界はあります。

どなたかいい人材がいらっしゃったらぜひご紹介ください。

よろしくお願いします。

最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア

© 2016 鹿島自動車センター