© 2016 鹿島自動車センター

Please reload

最新記事

鹿島自動車センターの歴史~継承編~

July 16, 2018

前回は親子ゲンカ勃発のあたりまでお話ししましたね。

後を継ぐ覚悟をすると「時代に合わせて変えていかなければ」と張り切るのですが、空回りばかりで、そう上手くはいきません。

すると親父が「見栄を張らずに堅実にやれ。」と当然のことを言います。

うちに限らず後継ぎではよくあることです。

そしてこちらから売ったケンカなので簡単には引けません。

何の暗示か、たまたまその頃に親父にガンがみつかります。

発見が遅れたのもあって徐々に弱っていくのですが、仲直りするきっかけが分かりません。

労わるどころかますます意固地になって仕事にしがみつきます。

一日も早く業績を上げて

「ほら、俺のやり方でも何とかなったぞ、安心しろよ。」

と言いたいだけでした。

 

そして生きてるうちにその瞬間を迎えることも出来ず、意地張ってゴメンとも言いそびれたまま、逝ってしまいました。

亡くなった時には「親って本当に死ぬんだな・・・。」と驚いたのをよく覚えています。

 

ちょうど10年前のことでした。

 

 

Please reload

ソーシャルメディア

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

タグから検索
Please reload

アーカイブ